21年度医療講演会報告

  9月13日(日) PM1:00開演 上大岡のウィリング横浜にて、のぞみ会医療講演会を開催致しました。
2部構成で、1部は、『股関節症の病態と水中運動の特徴』の演題で、神奈川リハビリテーション病院の院長、勝又 壮一 先生、2部は、同病院の理学療法士の森井 和枝先生が、『股関節症に対する水中運動の実際』の題で、講演いただきました。
お天気にも恵まれ、地の利の良さもあり、また、講師の先生方が昨年、NHKの『きょうの健康』にご出演なされた効果なのか、大盛況で役員は、久々の参加者の多さに、喜びの悲鳴を上げプリントのコピーに右往左往してしまいました。
勝又先生のお話も、大変聞き取りやすく時折笑いも入りよかったです。森井先生も、実技を身振り手振りを交えて分かりやすくお話して下さいました。 私たちにとって水中運動は、良いものだと思ってはいましたが、今回のお話でやはり正しいやり方で、定期的に行わなくてはいけないと痛感しました。
ただ、リハビリとして運動する私たちには、なかなか、教えて下さる理学療法士の先生や、プールが少ない実態があります。病院でのプール指導を行っている所は、県内では数えるほどしかないようです。公共のプールで、 講習が受けられるようになればと希望します。
のぞみ会でも、ここ数年ホテルのプールを利用しての講習会を致しましたが、場所探しが大変でした。森井先生の水中運動のプリントを公開いたします。皆さん頑張って、リハビリに励みましょう。



< 森井先生御講演のプリント >





































< 資料の印刷方法 >
上のプリントを右クリックすると、
「名前をつけて画像を保存する」のメニューが出ます。
一旦PCに画像を保存してから印刷します。